2 ラーメン次郎誕生秘話 | 株式会社 尼トーーク

新着情報

ラーメン次郎誕生秘話

 

ラーメン次郎を考案したのは、創業者兼本店店主を務めている山田拓美さん。

驚くべきことに、ラーメン次郎の先駆けとなる「ラーメン屋台」を出したとき山田さんは、ラーメンを作ったことはおろかあまりラーメンに興味がありませんでした。そんな山田さんが初めて出したラーメン屋台「ラーメン次郎」は、当時人気だった駄菓子「ラーメン太郎」にあやかって「ラーメン次郎」という店名になりました。

 

屋台を始めた当初は、ラーメンのクオリティーは低くお客さんは全く来なかったのです。

そんなある日、学生たちがやってきて「美味しくない。」とはっきり言われました。その後すぐに「また、友達を連れてくるから。」と言われ、山田さんは美味しいラーメンの研究を始めました。

鍋はどのようなものを使えば美味しく麺を茹でることができるのか。麺の太さはどのくらいが良いのか、トッピングの具材は何が良いのかなどあらゆることを勉強しました。

 

こうして完成させたこだわりのラーメンを再び来店した学生たちに食べさせたところ

口々に「すごく美味しい。」と言ってくれたそうです。

 

この学生たちに食べさせたラーメンこそが、ラーメン次郎の元祖ラーメンなのです。

誕生秘話を知ったうえで食べるときっとより味わい深くなるはずです。

 

2018.00.00

pagetop